日記「風韻」なんちゃっテツ活動線路及び駅写真企画のこと

高校生向け音楽鑑賞教室のお仕事で 北関東に通っていた間の、なんちゃっテツ活動について 数回に分けて書いてみたいと思います。 初回は列車から見えた風景と、訪れた駅の様子です。 JR高崎線熊谷駅付近、貨物センターのたくさんの線路と 赤羽駅近くの川を渡る鉄橋。 神保原駅には七福神がいらっしゃいます。…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十九

昨日までのお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 高校生向けの音楽鑑賞教室でした。 プログラムは三曲あったのですが、それぞれ元となった題材が 「ペレアスとメリザンド」「カルメン」「ロミオとジュリエット」で 正に悲劇、とことん悲劇。 そしてアンコールに「アルルの女」という、これまた悲劇。 とは言え、悲しいだけの音…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十八

先日のお仕事でのヴィオラの皆様です。 …って誰も居ないではないか!のツッコミはスルーの方向で(ふっふっふ) プログラムに冬木透さんの交響詩「ウルトラセブン」がありましたので こうなった訳でございます。 ウルトラホークの発進場面や キングジョーとの戦いの場面の音楽を 弾きながら脳内再生しておりました。 主題歌…
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」ハロウィンらしいのでのこと

今日はハロウィンとのことなので 何年か前に描いた、こちらの絵を載せますね。 特にハロウィン的な行事に参加は致しませんが 季節物ってことで。 悲しい出来事が多かった十月が終わります。 個人的には、稼働率が割と高かったのもあって 今はちょっと気が抜けております。 などと言って油断していると 体調を崩したりするので…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十七

慌ただしく過ごしている内に、一週間が経ってしまいました。 先週の金曜日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 六本木男声合唱団様の記念公演で 三枝成彰さんの合唱曲を二曲演奏しました。 昨年の、こちらの合唱団の演奏会でも弾いた 「最後の手紙」(今回は抜粋でしたが)と「天涯。」 どちらの曲も、歌われる歌詞の内容は…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」一日一絵そりゃそうだのこと

ありがたいことに、このところお仕事を続けてさせて戴いている上に 以前書きましたけど、途中になっているゲームを 心を入れ換えて一生懸命遊んでおりますので 勢い、お絵描きする時間が減りまくっています。 当然ですな、あっはっは! なもんですから 一日一絵なんて一ヶ月以上描いておりませんわよ、わっはっは! そんな中、息抜き…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十六

今日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 主に、日本人作曲家の作品を取り揃えた演奏会で 尺八奏者の方達との共演が、数曲ありました。 興味深いお話も聞けましたよ。 そんな訳で、初めて描いてみました、尺八ちゃん! 以前、琵琶ちゃんを描いたことがありましたが 和楽器も色々描いてみたいですね。 ランキ…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十五

先日は、初音ミクシンフォニーのお仕事でした。 ボーカロイドのミクに加え、リンとレン、ルカにMEIKOにKAITO 着ぐるみのダヨーさん達も登場するという 何とも盛りだくさんのコンサート。 そして、曲のアレンジも盛りだくさん。 ヴィオラの音域の、上の方まで惜しみなく使って戴いたり 菊池俊輔さんの曲のような、怒涛の十六分…
コメント:2

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十四

台風の被害が明らかになるにつれて、気持ちが重く苦しくなって来ます。 おつらい思いをされていらっしゃる方々に、御見舞い申し上げます。 乗せて戴いていたプッチーニのオペラ「蝶々夫人」 東京と横須賀の公演が終わりました。 久しぶりに弾いて、改めてその素晴らしさに気付いた思いがします。 そしてやっぱり、蝶々さんがかわいそう…
コメント:2

続きを読むread more

酒処ふっこ先日の夕飯

夫が、たまったポイントとお酒を引き換えてくれまして ゴウジャスな日本酒がやって参りました。 福島県の大七、生酛純米大吟醸「箕輪門」 香り良く、しっかりとした輪郭がありながら さわやかな印象で喉を過ぎて行くお酒。 おいしゅうございました。 合わせる肴は、素敵なシールの付いた牛肉を 塩こしょうで焼き、ホースラデ…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動のこと

十月になって一週間程経ってしまいました。 前に申し上げた通り、オペラ「蝶々夫人」のゲネプロ、東京公演 更に加えて、自治体の健康診断に行ったりして ブログの更新が滞っておりました。 「蝶々夫人」は、この後横須賀での公演もありますので 感想などはそこでまとめて。 と、言うことで今回は、東京文化会館に通っていた時の ワタクシ…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」超低速ゲームプレイヤーのこと

有言実行! …何のことかと言いますと 前々回のブログ記事で ゲームをするぞと宣言しましたのでね。 先週のエオルゼアンシンフォニー、オーケストラコンサートで おいしいお弁当や、おいしいお菓子、果物などを差し入れて下さった スクウェアエニックスさんに敬意を表して 途中で止まったままのスクエニさんのゲーム、再開しました! …
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」プッチーニ「蝶々夫人」のこと

プッチーニのオペラ「蝶々夫人」のリハーサルが始まっております。 今までに何度も弾いたオペラですが、最近では久しぶり。 新鮮な気持ちで演奏していますよ。 で、指揮のアンドレア・バッティストーニ、バッティさんがいい! オケリハ、つまり歌がない状態でも その棒から導かれる音は、充分に物語が感じられます。 来週ピットに入って、舞…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十三

ゲーム「ファイナルファンタジー14」の オーケストラコンサートのお仕事でした。 私は一昨年のこのコンサートに続いて乗せて戴いたのですが 来て下さったお客様の、本当に熱いこと熱いこと。 愛されてるゲームなんだなと、改めて感じました。 さて、プログラムには 前回弾いた曲のタイトルもいくつかありまして ええ、思い出しまし…
コメント:2

続きを読むread more

ポストカードセット其の二

前回に続いて、ポストカードの新作でございます。 打楽器は種類がたくさんあるので 描き始めたら、それだけで一冊出来てしまいそうですが まずはこのふたつで。 今までには、グランカッサ(バスドラム)とか タンブーロ(ラ・ボエームの途中に出て来る太鼓)とか シンバルとかギロとか銅羅とか描いているので、ぼちぼちその内。 …
コメント:0

続きを読むread more

ポストカードセット

ポストカードブック「ふっこのえはがきちょう」を作った時に ばら売りはしないのかとのお声を頂戴しました。 なので以後並行して、一枚ずつのカードも御用意しておりますが 何枚かまとめてとの御要望もあり 間を取ったら数枚セットの形かなと考えて こんなのを作りました。 それぞれ弦楽器、木管楽器、金管楽器です。 今…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十二

昨日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 プログラムは、プッチーニの交響的綺想曲 パガニーニのヴァイオリン協奏曲第四番 リヒャルト・シュトラウスの交響的幻想曲「イタリアより」 というイタリア尽くし。 個人的には、今年二度目のイタリア祭でございました。 五月にあった一度目のイタリア祭の時は 降り番で弾けなか…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」月次絵長月のこと

九月?もう九月! ぐはあッ、時の流れってヤツぁ、なんて速いんだあっ! …などとふざけている場合ではありません。 なんと、いつ以来かわからないくらい久しぶりに 月次絵の題でブログを更新出来ているではないですか、自分よ。 と言っても、九月らしい絵が浮かばなかったので←こらこら 今日のワタクシの姿でお目汚しでございます。 …
コメント:0

続きを読むread more

ポストカードの旅立ち

お世話になっているオーケストラの、ヴィオラセクションのお姉様が 私のカードブックを購入して下さり ありがたいことに大層気に入って戴けました。 手書きの絵はがきを久しぶりに出せるのが嬉しい。 郵便局に行って追加の切手を買ったよ、と仰っていて もう本当に、嬉しくて嬉しくてたまりません。 そんなお姉様から、新規のポストカー…
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」メスキータ展のこと

先日、東京ステーションギャラリーの メスキータ展へ行って参りました。 国立新美術館のウィーン・モダン展と言い 今回のメスキータ展と言い このところ会期終了間近に慌てて駆け込むことが続いておりまして 今後はもっと、計画的に事を運ばねばと思っております。 さて、メスキータ。 私は名前くらいしか存じ上げておりませんで…
コメント:0

続きを読むread more