テーマ:お絵描き

ある日のヴィオラチーム其の二百六十二

武満徹作曲賞本選演奏会に乗せて戴きました。 本来、昨年の五月に行われるはずだったものが延期になり 審査員のトーマス・アデスさんや ファイナリストの殆どの方がリモートで参加する形となりました。 この作曲賞のお仕事は、ここ数年続けて戴いており 毎回、それぞれの作品を興味深く感じながら演奏しております。 譜読みは大変ですけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百六十一

急に戴いたお仕事を含め、七曲分の譜面と格闘しておりました。 その内の三曲が、昨日本番だった「トーマス・アデスの音楽」 イギリスの作曲家の作品を集めた演奏会です。 リハーサルの一週間前、譜面を目にした時は、一瞬途方に暮れましたが いやあ、やれば出来るのですねえ、弾けるようになりましたよ。 (自分で自分を褒めてます、えへへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」一日一絵描き初めのこと

2019年から始めた一日一絵。 無理なく描ける範囲でと決めてありましたが 昨年は、本当に殆ど描けませんでした。 ヴィオラセクションの皆様を描きたくても、お仕事がない。 絵の題材になるような楽しいこともない。 そもそも、絵を描きたいという気持ちになれない。 そんな一年でしたね。 今年は…どうなるか全くわかりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」あけました2021年のこと

あけましておめでとうございます。 新しい年が、皆様にとって良き年となりますよう 心よりお祈り申し上げます。 世の中の状況は、けして好転しているとは言えませんが 少しでも、少しずつでも 明るい方へ向かえることを願って止みません。 本年も、どうぞよろしくお願い致します。 ランキングに参加しています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」2020年を振り返ること

2020年が暮れようとしていますが 今年程、過去の思い出にすがりながら生きた年はありませんでした。 演奏の機会がない、仕事が出来ない、友達に会えない、旅行に行けない 美術館に行けない等々、色々なことが出来ないと嘆く度に あの時は楽しかった、あの時は感激したと 記憶をしまった箱をひっくり返していたように思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスカード2020

いつもの年なら、十一月下旬にはクリスマスカードの絵柄を考えて お友達に差し上げる分を、一枚一枚量産していたのですが 今年はどうもそんな気になれず、延び延びになっておりました。 でも、やっぱりクリスマスの絵を描きたいな!と こんなのを描き上げました。 ヴィオラサンタの袋からは、色んなリボンで飾られた 音の贈り物がた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ手帳2021のこと

ここ数年使っている鉄道手帳。 もちろん来年のも買ってあります。 今年はコロナ禍のせいで、殆どのページが真っ白しろでしたが そんな時、その日毎の「今日は何の日」や 豆知識コーナーになぐさめられて来ました。 来年は、お仕事やお出かけの予定を、たくさん書き込みたいものです。 ということで、今回も張り切って装飾しましたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」月次絵師走のこと

新型コロナウイルスの影響で生活が激変して 夫婦揃って在宅する日が多くなり 「自分一人だけの時間」というものがなくなりました。 これは夫も同じことでお互い様ですし 夫と一緒にいたくないとかいう訳ではありませんよ、念のため。 ですので、絵を描いたり、本を読んだり ゲームをしたり、パソコンを起こしたりするのが 家事の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでふっこ展

先日弾いた、ドヴォルザークの交響曲第九番「新世界より」から トライアングルとシンバルの絵です。 「新世界より」と言えば、出番の少ない楽器の話題にもなりますね。 第二楽章だけに登場するチューバは有名ですが トライアングルとシンバルも、出番がちょっとなのですよ。 でも、とても強い印象を、私達に与えてくれます。 大事な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百六十

先週末のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 私の出番は、プログラムの後半 ドヴォルザークの交響曲第九番「新世界より」でした。 今まで何回弾いたかわからない、この曲。 でも、弾く度に違った印象なのはなぜだろうと考えてみたのですが それはたぶん、自分の席の場所が、その都度変わるからかもしれません。 ヴィオラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十九

先日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 日本音楽コンクール作曲部門の収録でした。 本選に残った方々の作品を演奏するのですが 今年はコロナ禍により、密を避けるためか 一日に一曲ずつ、三日間という形で行われました。 (例年は、数曲まとめてのリハーサルと本番をします) 私はその内の二日目に乗せて戴きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十八

シューマン祭の次は、ベートーヴェン祭。 「コリオラン」序曲、ピアノ協奏曲第四番に 交響曲第七番と「プロメテウスの創造物」序曲というプログラムです。 これはオーケストラの配信用の収録で お客様の入らない状態で演奏しました。 三月初旬、無観客で行われた 「題名のない音楽会」収録の時も感じたのですが 普段いかに、客席のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十七

世の中がこんな風になっている時に、本当にありがたいことで 八日間も続けてお仕事をさせて戴きました。 オールシューマンプログラムとオールベートーヴェンプログラム。 どちらの作曲家も、今年は記念の年なのですね。 まずはシューマン。 私にとってはお初の、劇音楽「マンフレッド」序曲と いつ以来かわからないくらい久しぶりの、交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」楽器ケース内十九社化計画のこと

十月は神無月とも呼ばれますが 神在祭が行われる出雲地方では、神在月と呼ばれていますよね。 数年前、出雲大社を訪れた時、境内に 東の十九社(じゅうくしゃ)西の十九社という建物があることを知りました。 解説文によるとそこは、年に一度の神在祭のために 全国各地から集まった神様方がお泊まりになるお宿なのですって。 私はそれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十六

昨日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様。 初音ミクシンフォニー横浜公演です。 私は昨年に続いて乗せて戴きました。 私自身、八月末以来のお仕事現場で 曲数が多い!調号が多い!音符が多い!テンポが速い!世界も 本当に久しぶりでしたので リハーサルの日は「鈍っていないだろうな、自分!」という感じでした。 この場合「なま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲーゼンとスエーゼン

日常生活が、半ば引きこもり状態になって約七ヶ月。 外食せず、家での食事の支度と片付けをして参りました。 持ち帰りや、スーパーのお惣菜のお世話にもなっておりますが ごみ捨てと食器洗いをしなければなりませんので 「上げ膳据え膳」に、とてもとても憧れているワタクシ。 なんて考えていて「アゲーゼン」「スエーゼン」って言った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」月次絵神無月のこと

絵を描く時間が、少しだけ取れそうなので 久しぶりに月次絵を描こうかな、さて何をと、つらつら考えていたら 今日は中秋の名月なんですってね。 お月見、お月見団子、白玉団子、白玉、白玉音符と来て こんな絵が出来上がりました。 二分音符や全音符、けしてお団子のことを考えながら 弾いている訳ではございませんよ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」体に優しい曲のこと

台風への備えはしなくてはなりませんが、暴力的な夏が過ぎ とりあえず、暑さ対策は終えても良い季節になりました。 気持ちもほっとしたかなと 最近は体に優しい曲をさらっております。 ヴィオラの小品で、ブルッフの「ロマンス」や リストの「忘れられたロマンス」 それから、オリジナルはヴァイオリンの曲ですが ヴィオラ用にアレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒処ふっこ昨日の夕飯

このタイトルで記事を書くのは久しぶりです。 いつ以来か、すぐにはわからないくらい。 ワタクシ、料理自体はけして嫌いではないのですが 取り立てて得意な訳でもございません。 ですからコロナ禍のこの数ヶ月間 毎日毎食、頭を目一杯悩ませつつ支度をしております。 そんな中、少しでも気持ちを楽しくと、お酒を戴いているのは… 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでふっこ展

コロナ禍以降、毎日家事雑事に時間を取られ じっくりと集中して絵を描くことが難しくなりました。 細切れな隙間時間を少しずつ使うしか出来ません。 けれど、自分が元気になるためには 元気な表情のヴィオラちゃんを描くしかないのですよね。 山本正之さんの言葉「カラ元気も元気のうち」 西村しのぶさんの言葉「人間メシが旨ければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十五

昨日の演奏会でのヴィオラセクションの皆様です。 「題名のない音楽会」収録のお仕事から、173日ぶりの本番でした。 内容はピアノ協奏曲などの伴奏で ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンを演奏しました。 リハーサルと本番の日が離れていたので 無事に開催出来るか、とても不安でしたね。 自分の音がホールに響くのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動も細々とのこと

新型コロナウイルスの感染リスクを考えると 電車に乗るのもためらわれるので この五ヶ月程、テツ活動は休止状態でした。 けれども先日、160日ぶりにお仕事のリハーサルがあったので 久々に駅弁を購入しました。 しらす弁当、おいしゅうございました。 そして昨日、二回目のリハーサルがあり、小田急線に乗車しましてね。 通過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」ウリ坊お披露目のこと

新型コロナウイルスが、今より大ごとではなかった三月の初め。 十七年ぶりに、楽器ケースを新調しました。 お仕事中止の連絡は、ぽつりぽつりと来るけれど しばらく経てば元に戻るだろうと楽観的だったから きっと出費出来たのでしょうね。 そんな訳で、新しい楽器ケースのデビューも 延び延びになっておりましたが 先日ようやく、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」超低速ゲームプレイヤーのこと其の三

お暑うございます。 皆様、御無事にお過ごしでいらっしゃいますか。 さて、五月下旬に、新しいゲームを始めたワタクシ。 その後、同じく「積みゲー」になっていた別のソフトも並行して ぼちぼちと遊んでおります。 片方のハードはPS VITAなのですが、丁度良い収納ケースがなく 何かあるかな〜と、手持ちのポーチをあれこれ出して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます

八月になりました。 皆様、暑中お見舞い申し上げます。 あっさりと明けた昨年の梅雨とは反対に 今年はいつまでも雨模様な日が続いておりました。 ところが、いざ梅雨が明けて見たら いきなり厳しめの暑さがやって参りましたね。 あまり頑張り過ぎずに、ゆるゆると夏を乗り切りたいと思います。 相変わらず、新しい絵を描くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでふっこ展

オーケストラの絵が出来上がりました。 何の曲が聴こえて来ますか? 今は様々な事情から、大編成の曲の演奏が難しい状況ですが いつの日かまた、ハープや打楽器 ピアノがいる編成の曲が弾けることを願っております。 また、外出もままならない現状ですので 画材屋さんになかなか行けませんけれど この絵は、いつか額装したいと思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」あごはひとつなのに!のこと

私が楽器を弾く時に使っている、あご当てタオル達。 気が付いたら、こんなに増えていました。 これらは、リハーサル及びゲネプロ用で 本番の時には本番用のハンカチを使っています。 御当地もの、鉄道もの、アニメもの、色々ありますが 何枚あるのか改めて数えてみたら、三十四枚ありました。 あごはひとつなのに! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おうちでふっこ展

以前、私のポストカードブックを買って戴いた お仕事仲間のお姉様が 「なかなか会えない人へのおたよりに使っているよ〜」と言って下さり 本当に、ありがたやありがたやでございます。 そうは言っても相変わらず 腰を据えて絵を描ける時間は殆どなく 今回は過去に描いた夏の絵を載せますね。 水着選び! ワタクシ、このテーマが気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弦楽四重奏の思い出

大学在学中の頃か、卒業してからかは忘れてしまったのですが お茶のお稽古仲間のお姉様から、自分達の結婚記念日に チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第一番を 演奏してくれないかと頼まれました。 お連れ合いが、この曲の第二楽章 いわゆる「アンダンテ・カンタービレ」がとてもお好きで せっかくなら全曲聴いてみたいとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでふっこ展

普段私が絵を描いている場所は、自宅のテーブルなのですが そこは食事をするところでもあるので その時刻までには必ず片付けなければなりません。 自分一人だけの時間も 今はこんな時だから、なかなか長くは取れず 大きな絵や色をたくさん使う絵は描けないのが現実です。 そんな中で描いた お友達やお仕事仲間への御機嫌伺い便りです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more