テーマ:お絵描き

ある日のヴィオラチーム其の二百五十三(幻)

中止になってしまった、オペラ「フィガロの結婚」での ヴィオラセクションの皆様です。 せっかく練習したので描きました。 お疲れ様でした。 あれから、お仕事中止の連絡が相次ぎ、妙に暇な三月前半です。 後半に戴いているお仕事も、今後どうなるかわかりません。 何か心が浮き立つようなことはないかなと あれこれ考えておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」この十日間のこと

御無沙汰しておりました。 前回の記事からの十日間、何をしていたかと言いますと オペラ「フィガロの結婚」オーケストラリハーサルを二日。 歌い手さん達との歌合わせを二日。 ユニコーンガンダムを見に、お台場へ遠足。 市民合唱団の演奏会のリハーサルと本番。 「フィガロ」の舞台稽古を一日、ゲネプロを二日。 こんな日々を過ごし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」ワードローブのこと

「タビフク」というテレビ番組を御存知ですか。 各方面で活躍していらっしゃる女性達が、素敵な格好で旅をする内容で 毎回録画して楽しんで観ております。 で、この番組を観ている間は 洋服やアクセサリーなどを買いたい気持ちになるのですよ。 そんな訳で、このへなちょこブログには珍しく 今回はファッションの話題で如何でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百五十二

「子どもたちと芸術家が出あう街」の オーケストラコンサートに乗せて戴きました。 小さなお子さんと、その御家族に オーケストラの音楽を楽しんで戴こうという企画。 指揮の原田慶太楼さん、司会の田添菜穂子さん ダンサーの三輪亜希子さんが、お話仕立てで舞台を作って下さって 演奏する側の私も、とても楽しく弾けました。 音楽鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」弾いて来た曲とこれから弾く曲のこと

新年が明けて、二月も上旬が過ぎました。 今年になって私が弾いて来た曲を振り返ってみると 「ゴッドファーザー」「ティファニーで朝食を」で映画音楽。 音楽鑑賞教室で、アンダーソンなど色々。 ニューイヤーコンサートで、ワルツやポルカを色々。 田代万里生さんのコンサートで、ミュージカルの曲を色々。 プラシド・ドミンゴさんのコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十九から二百五十一

奇跡のスケジュールだった八日間、無事に終わりました。 曲数が多く公演時間が長かったり、体力の要る曲だったり 遠方の公演だったりと、緊張することばかりでしたが 何とか乗り切れて良かったです。 そんな訳で、それぞれの本番でのヴィオラセクションの皆様です。 お疲れ様でした、ありがとうございました。 最後のお仕事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」いざ奇跡のスケジュールのこと

昨日、上野の国立科学博物館へ行って来たワタクシ。 特別展ミイラと、常設の地球館の一部を観て あまりの情報量の多さに頭がぐるんぐるんになっております。 心をたっぷり充電して、明日からの数日間 奇跡のスケジュールをこなしますよ。 説明しよう、奇跡のスケジュールとは? フリーランスの音楽家なワタクシ。 大変ありがたく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十八

ミュージカル歌手、田代万里生さんの デビュー十周年アニバーサリーコンサートのお仕事でした。 万里生さんとは、夫が何度か演目を御一緒しておりますし お父君の田代誠さんとは、私も夫もコンサートや オペラ、オペレッタで御一緒させて戴いたことがありますので とても親しみを持っておりました。 万里生さん、来て下さったお客様に全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十六と二百四十七

二日連続の、シネマコンサートのお仕事でした。 一日目は「ゴッドファーザー」で渋く 二日目は「ティファニーで朝食を」で可憐に。 年末の「ハリー・ポッター」の音楽が 「アクションを聴かせる」ものだとしたら このふたつの映画音楽は「感情を聴かせる」ものかなと思いました。 どちらも曲数と音符は控え目だけど 物語の中の空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十五

昨日のお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 中学生向けの音楽鑑賞教室でした。 ルロイ・アンダーソンの「クラリネット・キャンディ」や 「トランペット吹きの休日」は鑑賞教室の定番曲なのですが 色々なオーケストラへ行っていると それぞれのオケの首席奏者の音色やキャラクターの違いがとても面白く 弾きながら自分も楽しんでお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」春の七草のこと

今日は人日の節句、ということで 一般的には七草粥を食べる習わしとなっておりますが 私は何年も前から、七草ペペロンチーノを作って食べております。 無病息災、一年の無事を願いながら戴きましたよ。 さて、明日は仕事始め。 シネマコンサートのリハーサルでございます。 昨年の台風で中止になってしまった演目もあるので 今度こそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」一日一絵改めてのこと

昨年の元日から始めた一日一絵。 毎日描き続けるのは難しいと、重々承知してはおりましたが 本当に、描ける日が少なかったです。 でもね、無理なく描きたい時に描きたい絵を、と思って始めたので これはこれで良いかな、と。 なので二年目も、気楽にゆるゆると。 描ける時に描きましょうね。 そんな訳で、お正月らしく描けたこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」あけました2020年のこと

あけましておめでとうございます。 本年が皆様にとりまして、良い年となりますよう 心からお祈り申し上げます。 さてさて、年末の二日間を 年賀状と料理方面に費やしたワタクシ。 元日こそ朝寝坊を致しましたが、日頃の衣類や寝具の洗濯 郵便物の整理、お手洗いの掃除などで、三ヶ日を過ごしております。 夫は昨日から出勤しておりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」2019年を振り返ること

たった二日間で、お正月の支度は無理だね! と、開き直っているワタクシでございます。 とりあえず、年賀状作業は終了。 野菜の煮物と紅白なます、煮豚と鶏の照り焼きを作ったので もう許して下さい。 部屋の片付け方面は、やっぱり無理だね(年が明けてからやります) さて、2019年の振り返り。 何と言っても一番の思い出は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十四

今年の仕事納めは、第九でも「くるみ割り人形」でも ニューイヤーコンサートのリハーサルでもなく 映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」シネマコンサートでした。 この曲は「スター・ウォーズ」や「ジュラシック・パーク」に比べれば 譜面はそんなに厳しくないのですが それでも、速いテンポに細かい音符、長く続く刻みなど なかなか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同級生集合

気が付いたら、前回から一週間以上経ってしまいました。 その間、何をやっていたかと言いますと 拘束時間のやたら長い仕事をしたり 別のお仕事のリハーサルと本番をやったり 年末のお仕事の譜読みをしたり 少し遠方の第九のリハーサルと本番をやったりしておりました。 ヴィオラセクションの絵を描いたり なんちゃっテツ活動もしたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十三

今年も、ベートーヴェンの交響曲第九番 いわゆる第九を弾く季節がやって参りました。 スケジュールの関係で 大抵は第九か「くるみ割り人形」かになってしまい ここ数年は、私の「くるみ度」が高かったので 弾いても一回くらいでしたが 今年は今日を含めて、三回も弾けます。 この本番のために練習して来られた市民合唱団の皆様と …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」美術部活動のこと

「椿姫」が終わって、数日お休みだったので 国立新美術館へ行って参りました。 ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年と カルティエ 時の結晶のはしごです。 ブダペストは会期が始まったばかりのせいか、とても空いていて ひとつの絵を一人占めして観られました。 それぞれの年代に、それぞれ気に入る作品があって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十二

ヴェルディのオペラ「椿姫」の公演が終わりました。 私、今までに何回弾いたのかな。 「蝶々夫人」と並んで、演奏回数の多いオペラです。 このオペラ、ヴィオラの譜面は 後打ちや刻み、トレモロなどの伴奏が殆どで 技術的には難しくありません。 けれど、その音ひとつひとつで、登場人物の感情や体温、息づかい 物語の空気と時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」月次絵師走のこと

先月末から、ヴェルディのオペラ「椿姫」の公演が続いております。 今回、ヴィオラは内側で 加えて私の席は、ピットに張り出した三角の板の下なので 舞台の様子が全く見えません。 カーテンコールでオケが立った時も、殆ど見えません。 仕方がないので、今までに観て来た数々の「椿姫」を 脳内再生しながら弾いておりますよ。 さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスカード

十一月も残りわずか。 十二月がやって来れば、それはもう2019年が暮れてしまうってこと。 ひいぃぃぃ、時の流れってやつぁ…なんて 毎年言ってるのですけどね。 十二月と言えば、クリスマス。 宗教的にも商業的にも、大きな意味を持つものではありますが 私としては、家族やお友達と一緒に 楽しく過ごすきっかけになればいいよね、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ記念日

11月24日は、オペラ記念日なのだそうです。 1894年に、日本で明治以降初めてオペラが上演されたことに由来するとか。 私も、今までたくさんのオペラを弾かせて戴きました。 本当にありがたく思っております。 一体どのくらいの数のオペラをやって来たのだろうと考え付き 書き出してみました。 全幕通して演奏したのであれば、ピ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動駅そば駅弁企画のこと

しばらく前、伊豆長岡でのお仕事の時の なんちゃっテツ活動を御報告致します。 久しぶりに乗った東海道新幹線で三島まで参りまして 伊豆箱根鉄道に乗り換える皆様を見送りつつ、ホーム上のお店へ入店。 箱根山麓豚そばを戴きました。 お肉たっぷり、おつゆもおいしい。 これでゲネプロ頑張れますね。 その後、同じくホーム上の駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ手帳のこと

昨年から使い始めた鉄道手帳。 もちろん、来年のもちゃんと買ってあります。 来年のお仕事の予定が色々入って来たので 書き込み作業をすると共に、本体の装飾作業も致しますよ。 お友達にもらった「ふ」シールを貼るのは決まっていて 加えて昨年のはSuicaペンギンシール 今年のは鬼太郎千社札シールを貼りましたが 来年のは、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百四十と二百四十一

テツ活動を連載している間に ヴィオラチームの絵が、ふたつたまっていました。 まず、谷村新司さんのコンサートでのヴィオラセクションの皆様。 昨年も乗せて戴きましたが、谷村さんのお声が本当いお若いこと! 日々きちんと鍛錬していらっしゃるのでしょう。 見習わなければなりませんね。 そして、伊豆長岡でのコンサートで御一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動駅弁企画もういっちょのこと

続いております、なんちゃっテツ活動記録。 もう少しお付き合い下さい。 駅構内を歩いておりましたワタクシ 駅弁フィギュアなるカプセルトイ(いわゆるガチャガチャですね)を発見。 有名駅弁のミニチュアが入っているそうでして 駅弁好きとしては興味が津々ですよ。 小銭を用意して、やってみました。 そして楽屋で開けてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動駅弁企画のこと

さてさて、お次のなんちゃっテツ活動。 高崎駅で購入した駅弁のことを書きます。 まずは、鳥めし。 しっとりとした鶏肉、少し濃いめの味付けがご飯とよく合います。 そして、舞茸重。 鶏肉も入っていて、お得な感じですよ。 それから、秋だより弁当。 おかずの種類が多くて、とても楽しめました。 どのお弁当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動駅そば企画のこと

今年の二月から再始動した駅そば企画。 北関東に通っていた間は JR高崎駅ホームのお店で戴きました。 ごぼう天そばと 舞茸天そば。 このお店で食べるのは何年ぶりでしょう。 変わらずにおいしかったですよ。 また食べたいな、また行けるかな。 ランキングに参加しています。 応援のクリックをよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」なんちゃっテツ活動線路及び駅写真企画のこと

高校生向け音楽鑑賞教室のお仕事で 北関東に通っていた間の、なんちゃっテツ活動について 数回に分けて書いてみたいと思います。 初回は列車から見えた風景と、訪れた駅の様子です。 JR高崎線熊谷駅付近、貨物センターのたくさんの線路と 赤羽駅近くの川を渡る鉄橋。 神保原駅には七福神がいらっしゃいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の二百三十九

昨日までのお仕事でのヴィオラセクションの皆様です。 高校生向けの音楽鑑賞教室でした。 プログラムは三曲あったのですが、それぞれ元となった題材が 「ペレアスとメリザンド」「カルメン」「ロミオとジュリエット」で 正に悲劇、とことん悲劇。 そしてアンコールに「アルルの女」という、これまた悲劇。 とは言え、悲しいだけの音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more