ある日のヴィオラチーム其の二百五十八

シューマン祭の次は、ベートーヴェン祭。 「コリオラン」序曲、ピアノ協奏曲第四番に 交響曲第七番と「プロメテウスの創造物」序曲というプログラムです。 これはオーケストラの配信用の収録で お客様の入らない状態で演奏しました。 三月初旬、無観客で行われた 「題名のない音楽会」収録の時も感じたのですが 普段いかに、客席のお…
コメント:0

続きを読むread more