おうちでふっこ展

A0E30E29-08F1-4712-92BA-97B43FF3D063.jpeg
先日弾いた、ドヴォルザークの交響曲第九番「新世界より」から
トライアングルとシンバルの絵です。

「新世界より」と言えば、出番の少ない楽器の話題にもなりますね。
第二楽章だけに登場するチューバは有名ですが
トライアングルとシンバルも、出番がちょっとなのですよ。

でも、とても強い印象を、私達に与えてくれます。
大事な楽器達ですね!



ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願い致します!
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年11月22日 08:35
可愛いイラスト、なごみます。
シンバルちゃん、当たり前なんですが、身体が完全に左右に別れてる!(笑)
両方存在しないと、音楽を構成できない楽器である…
ということが、ふっこさんのイラストで顕著になりましたね。

ちょっと禅問答みたいで、可愛くも深い「シンバルちゃん」の姿です!
2020年11月22日 10:03
こんにちは。
最近の古い音源のリマスター盤を聴くと特にトライアングルがクリアに再現され印象に残るものが多いなと感じてました。
確かに出番が少なく注目されにくいですが作品の重要な要素になっているのを実感します。
2020年11月22日 23:12
>やぢま様
シンバルちゃんの絵に、とても深い解釈をして下さり
恐縮でございます。
上手く鳴らすのが難しい楽器だと思います。
2020年11月22日 23:14
>カルロス様
第三楽章冒頭のトライアングルは
「出番ですよーっ」という感じですよね。
あの音で、その後の音楽が決まる気がします。