ある日のヴィオラチーム其の百五十九

画像

先週土曜日のお仕事でのヴィオラの皆様です。
色んなイタリアオペラ、ドニゼッティやロッシーニ
ヴェルディやプッチーニの作品の
独唱、二重唱、合唱曲をてんこ盛りにしたコンサートでした。

いわゆるガラ・コンサートでは、あまりやらない曲もありましてね。
「イル・トロヴァトーレ」のルーナ伯爵とレオノーラの二重唱とか
「ナブッコ」のアビガイッレのアリアとか
「リゴレット」のリゴレットとスパラフチーレの二重唱とか。

でも、これは本当におかげさまでありがたいことに
プログラムの全てが、今までに弾いたことのある曲で
何も心配は要りませんでした。
「連隊の娘」以外は、オペラ全幕経験しておりました。

何とか無事に終わって、今日こそ飲む理由がある
スパークリングワインのジュゼッペ・ヴェルディ!
ヴェルディの曲も、いっぱい弾いたもんね。
お疲れ様でした!



ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願い致します!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年10月17日 22:20
☆お疲れ様でした。オペラ全幕を演奏した経験がある曲なら余裕ですね。 また、アリア、合唱、重唱などを抜粋した「いいとこどり」のコンサート形式も楽しめますね  
2017年10月18日 20:56
>ぬえ様
ありがとうございます。
弾きながら、それぞれのオペラの
公演時のことを思い出していました。
楽しかったです。