ふっこのおえかきちょう

アクセスカウンタ

zoom RSS ある日のヴィオラチーム其の百六十五

<<   作成日時 : 2018/01/07 16:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

仕事始め、ニューイヤーコンサートでのヴィオラの皆様です。

シュトラウスのワルツやポルカ、アンダーソンの軽快な曲
ヴァイオリン協奏曲やラヴェルのボレロなど
明るく華やかで盛り上がる曲ばかりのプログラムでした。
いらして下さったお客様、楽しんで戴けたでしょうか。

今年も、音楽に対して誠実に向き合って参ります。
差し当たって、次の譜読みを頑張ります。



ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願い致します!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も昨年12月の演奏会でJ.シュトラウスの作品を演奏しました。2拍目の取り方が難しいですが、日本人は比較的対応できているように思えます。以前、国内オケの演奏会で、J.シュトラウスの作品を聴いたことがありますが、アメリカのオケよりもJ.シュトラウスの演奏は上手でした。
トランペット奏者の私は楽しく演奏しましたが、コントラバス奏者の妻は「頭打ちばかりでつまらない!」とボヤいていました。
カツマティ
2018/01/08 20:28
>カツマティ様
いえいえ奥方様、後打ち組の我々は
力強く頼もしい一拍目のおかげで
気持ち良く弾けるのでございます。
ふっこ
2018/01/09 16:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある日のヴィオラチーム其の百六十五 ふっこのおえかきちょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる